院長のつぶやき

2012.12.13更新

今日は、多くの方が経験しているであろう腰痛について少しお話したいと思いますhappy01
一言で腰痛とはいっても色々な原因により腰痛が引き起こされています。

①急性腰痛
重い物を持ち上げた瞬間に起こすギックリ腰がこれにあたります。ただしぎっくり腰を起こす以前に筋疲労の蓄積がある方が起こしやすい傾向もあります。

②姿勢の原因
足を組んで座る、バックを片方の肩にかけてしまう癖、横になり肘をついてTVを見るなど、普段の悪い姿勢が原因で関節の歪みにつながり腰痛を引き起こします。

③筋疲労
激しいスポーツや肉体労働の後、長時間の立ち作業や車の運転など同じ姿勢が続いた結果、筋疲労を起こし腰痛を引き起こします。

④椎間板ヘルニア
ヘルニアは椎間板の中にある髄核が脱出し神経を圧迫した結果、足先や脚全体のシビレが出るのが特徴で、立っているのがつらいほどになります。

⑤内臓由来
内臓由来の腰痛には、循環器・泌尿器・消化器・婦人科系の病気が原因の場合が多く、特に何もせず安静にしていてもいたむことが特徴です。

⑥ストレス
精神的なストレスが強いと、神経伝達物質の過剰分泌が生じ、わずかな痛みを強い痛みと脳が誤って認識してしまうとされています。

上記のように腰痛は色々な原因で引き起こされていますので、自己判断や我慢をせず早めの検査や治療を心がけましょうsign03

投稿者: 天使のはね整骨院

SEARCH

CATEGORY

藤崎院長通信 スタッフブログ 患者さんの声