料金案内

保険治療

健康保険が使用出来る場合

  • 当院および柔道整復師における保険治療は急性期(約2週間)の怪我が対象となり、骨折・脱臼(医師の同意が必要。応急処置は可能)・捻挫・打撲・挫傷が保険治療対象となります。
  • 当院では社会保険研究所の算定基準料金に従い各患者様の負担割合、施術箇所、施術内容に合わせた保険治療料金(一部負担金)となっており、患者様により違いがあります。
    来院した際「当院施術方針」を読んでいただき治療をした際に詳しくご説明いたします。
  • 慢性化した腰痛や肩コリの症状、ただの疲れなどは保険適用外となり自由診療扱いとなります。
  • どの保険種別(国保・健保・共済・マル福etc)でも自費負担分は別途かかります。
  • 事故や仕事中の怪我はそれぞれ自賠責および労災の対象となります。
  • 当院での施術方針として保険適用内治療(電気治療、冷罨法、温罨法、湿布、経過観察)はあまり効果が期待できないため原則おこなっておりません。
  • 当院では、慰安マッサージはおこなっておりません。

 

医療助成

各種医療助成の適応

マル福(医療福祉費受給者証)
  • 乳幼児
  • 就学児(はぐくみ)
  • 母子家庭
  • 父子家庭
    ※月2回まで上限600円の負担および当院規定の自費負担分。3回目以降は当院規定の自費負担分のみ。
重度心身障害者

※当院規定の自費負担分のみ。

日本スポーツ振興センター災害共済給付制度

児童・生徒の怪我(病気)に関して、学校管理下で発生した災害(負傷等)の場合、各学校で加入している「日本スポーツ振興センター災害共済給付制度」の対象となります。(保護者の方が学校へ給付請求した後、日本スポーツ振興センターから保険診療分の個人負担額の全額+1割が支給されます。) よって、学校管理下で発生した災害(負傷等)については筑西市(各市町村)の医療福祉費支給制度(マル福制度、はぐくみ制度)を使わずに日本スポーツ振興センター災害共済給付制度にて治療を受けることになります。 詳しくは学校事務局、保険担当者または各市町村教育委員会、医療保険課にお問い合わせください。

保険治療料金

症状により選択

急性期疼痛・炎症抑制
・疼痛、腫脹、発赤、熱感、皮下出血などが著明で機能障害が著明な方。
・アイシング、干渉波電気および特殊電気による徹底した疼痛・炎症抑制をおこない、必要に応じて包帯固定テーピングTテープをおこないます。

手技コース
・疼痛、機能障害はあるが腫脹、発赤、熱感も軽度で皮下出血も特にない方。
・干渉波電気および特殊電気による疼痛・炎症抑制をおこない、整体関節調整筋肉調整マッサージストレッチ等にて機能改善をおこないます。

・また急性期疼痛・炎症抑制にて治療中の方も、怪我の症状・状態によりこちらのコースへ移行し、局所から全身への機能改善をおこないます。

 

    ≪注意事項≫
※症状には個人差があるため上記の症状(疼痛、腫脹、発赤、熱感、皮下出血など)に必ずあてはまるわけではありません。詳しい症 状につきましては問診および検査をして判断させていただきます。

※特殊電気とはES-530ラジオ波になります。低周波電気よりも効率良く怪我の回復や機能改善が期待でき、早期回復につながるため当院では必ず導入させていただきます。

※保険での治療可能期間は負傷日より3カ月が原則となり、最長でも6カ月までとなります。症状・状態によっては自由診療に移行させていただきます。

※当院では毎回領収書を発行しております。再発行は原則しておりませんので大切に保管してください。どうしても再発行が必要な場合には手数料がかかりますのでご了承ください。  

目安料金

初診 ¥3500~(学生¥3000~)

2回目 ¥2500~(学生¥2000~)

3回目以降 ¥2000~(学生¥1500~)

交通事故治療

当院での交通事故における怪我の治療には自賠責保険または健康保険での治療が出来ます。

交通事故における怪我は特有の症状があるため、まずは痛みと炎症を抑えることを第一とし、症状の経過により機能改善をおこなっていきます。詳しくは「交通事故について」をご覧ください。

藤崎院長通信 スタッフブログ 患者さんの声