交通事故治療

こんなお悩みありませんか?

  • 交通事故で首や背中、腰、手足を痛めた。
  • 事故から1週間位経過するが、だんだん痛みが強くなってきた。
  • 他の医療機関や接骨院・整骨院で治療を受けているが、あまり良くならないので転院したい。

交通事故で怪我をした時は、整骨院で治療を受けることができます。交通事故の怪我の治療には自賠責保険または健康保険が適用されるからです。当院の院長は、これまで整形外科での勤務経験もあり、数多くの交通事故患者さんを治療してきました。怪我の症状がすぐに出る方もいれば、2〜3日後に出る方、1週間後に出る方など、患者さんによってご状況は変わりますので、一人ひとりに最適な治療プランをお作りするようにしています。

既に整形外科や整骨院に通われている方へ

整形外科と整骨院は、併用することができます。整形外科では医学的な診断を行い、整骨院では医学的根拠に基づいたアプローチを行っております。当院でも根本的改善に向けたアプローチをしております。また、既に整骨院で治療を受けているが満足していない場合には、転院することが可能です。当院に転院されてきて症状が改善していった患者さんがたくさんいらっしゃいます。

※症状の経過観察には医師の診断が必要となります。また、万が一後遺症が残った時などには医師の診断書が必要になりますので、整骨院で治療を受けている場合でも、定期的な医師の診断を受けましょう。柔道整復師には診断権はありません。

整形外科を紹介することも可能です。

※転院には条件があります。条件によっては転院出来ない場合がありますので、必ずご相談ください。

 

当院の交通事故治療

天使のはね整骨院では、症状を抑えるだけでなく、身体そのものを良い状態にし、再発を防ぐ「根本的な機能改善を目指した施術」を行っています。これは交通事故治療に関しても変わりません。交通事故における怪我は急激な外力が加わることで、身体にとてつもない負担がかかり交通事故特有の特殊な痛みや不快感を感じます。交通事故に遭うと、何年も経ってから「痛み」「痺れ」「重だるさ」「天気が悪い日の不調」といった症状が出てくることがあります。事故直後から根本的な機能改善アプローチを開始して、お身体をしっかりと良い方向に仕向けるのがお勧めです。

 

<当院の治療の流れ>

まずは徹底した疼痛と炎症の抑制をおこないます。微弱電流、低周波電気治療、アイシング、冷湿布等で急性期の特徴的な痛みや炎症を抑えることをします。急性期に手技を加えると過剰な反応(もみ返し等)を起こす可能性が高いため電気治療が中心となります。

その後、症状や状態により関節調整および筋肉調整へと移行し、関節可動域の改善をはかり根本的な機能改善を目指します。

治療以外のサポート体制

交通事故の賠償などに関して、相手と揉めている場合や保険会社の担当者とのやりとりに不安のある場合など、交通事故に遭われてから不安でたまらない方は交通事故案件に強い司法書士をご紹介させていただきます。交通事故に遭ったが何から始めればいいのかわからないという方も、お気軽にご相談いただければと思います。

当院と提携させていただいている司法書士さんは、司法書士いえまち法務事務所の矢島靖裕先生です。

矢島先生の交通事故相談等の詳しい内容などはコチラをご覧ください。

藤崎院長通信 スタッフブログ 患者さんの声